女性の知性は後頭部に宿る

 たとえば滝川クリステルさんやベテランの安藤優子さん、小谷真生子さんなど、知性の代名詞ともいえるキャスター職の方たちには共通点があります。

 それは全員、後頭部にふっくらボリュームがあること、です。

 女性の知性は後頭部に宿ります。

 

 

 ※キャスターが後頭部を「盛る」理由

 日本人は、欧米人に比べて、後頭部に奥行きがなく、扁平な人がほとんどです。だから、後頭部にボリュームと高さがあると、欧米人の骨格に近づき、特別感が出ます。

 もっとはっきり言うと、女性の場合は後頭部にボリュームがあると「知的」に見え、(安い女に見られず)「高く」見えます。ぞんざいに扱ってはいけない人という品格が生まれるのです。

 

 

 キャスターの方たち(そして、報道畑の女子アナの方たち)は、それをちゃんと知っています。だから、これでもかというくらいの後頭部を「盛る」のです

 逆に、親近感を持ってもらい、芸人さんにもカジュアルにいじられたいバラエティ畑の女子アナさんたちは、そこまで後頭部を盛りません。

 どちらにしても、髪が持つ印象をちゃんと使い分けているのが、キャスターと、女子アナです。後頭部の扱いは、メイクよりももっとわかりやすく、女性の「印象」と「立ち位置」を決めます。

 

 

 日本のような「若くて幼い女の子がかわいい」という風潮が一切ないアメリカではそもそも「盛る」以外の選択肢はありません。

 いま、Laでは「ビューティーバー」という簡易カウンターで髪をセットしてもらうサービスが大人気ですが、女性たちはここでこぞって後頭部にボリュームを出すセットを頼みます。自立した女性がセクシーだと思われるアメリカでは、後頭部が盛れていないと、話になりません。

 ホテルや家に三面鏡があるのも、欧米の特徴。これは、横顔や後頭部をチェックするためのものです。正面だけを気にする日本人とは対照的です。

 

 

 ※出世も信頼感も後頭部次第?

ある航空会社の元VIP担当マネージャーが「お客様からクレームを受けるCAは、髪が甘い。後頭部がきちんと盛れてないから、どんなに接客を学んでもトラブルになるのよ」と教えてくれました。

 後頭部に高さとボリュームがないCAさんは、お客様に転んじて見られ、クレームも言われやすくなるのだとか。逆に後頭部がしっかり盛れているCAさんには「軽々しいことは言えない」とお客様が自制するのでトラブルが少ないのだそう。

 現に、その話をしてくれた元VIP担当のマネージャーさんは、いつも後頭部がしっかりキマっていて、ふっくらボリュームがあります。凛とした雰囲気を漂わせていて、女性が憧れる女性、男性も一目置く女性、という感じです。

 

 

 この「後頭部に高さボリュームを出すと知性や品格が出る」ことを、美容師さんたちはよく知っています。ですから、社会的地位が高い人や、たくさんの部下を抱える女性には、後頭部にボリュームが出やすいスタイルを提案しています。

 なかなか出世できないとか、部下に信頼されないと悩んでいたお客様に、後頭部に高さが出るスタイルを提案したら、あっという間に出世が決まったという話はしょっちゅう聞きます。それくらい、後頭部の印象は、女性の印象を決定づけます。

 後頭部のボリュームの出し方には、いろんな方法があります。

 自宅で簡単にできるのは、ホットカーラーやマジックカーラーを巻き、髪の根本を立ち上げること。ボリュームを出す位置は、ポニーテールを作る位置が目安です。あごと耳のつけねの延長線上を狙ってください。

 後頭部は、ある程度レイヤーが入っていたほうがボリュームを出しやすくなります。ですから美容院で後頭部にボリュームを出したいと相談するのもいいでしょう。この部分だけ、ボリュームを出すタイプのパーマをかけることもおすすめです。

 

 

 ☓品格は「話し方」がつくる

 ○品格は「後頭部」がつくる

 

 

←前のページに戻る

 

次へ→