Books

Hair-Webbook

(web電子書籍回覧)

(※一部のご紹介のみ)


本の価値を向上させる8つの方法

1

1.過去に読んだ本を再読する

 

 過去に読んだ本の内容を読み返すだけで、記憶していた脳が刺激される。過去に読んだ感想や考えと、今読んだ感想や考えと比較し、その違い発見できればさらに脳を活性化することができる

 

2.図表やフレームワークを活用する

 

暗記が苦手な人は、情報を図表やマインドマップ/フレームワークに書き直してみると情報が整理されやすい。小説なら人物相関図を、学ぶ本などはフレームワークなどを活用してみる。A4の方眼紙をつかってまとめてみるのも○

 

3.本をひらく回数をふやす

  

電車でののりかえが多いほど本を閉じる回数がふえる。脳は数分のあいだその内容記憶している。乗り換え電車での読書を活用すれば自然と本を閉じてまた開く回数ふえるので記憶として定着しやすい

2

1.本の内容をつたえる

 

 本の内容をだれかに「伝える」ことでアウトプット力が強化される。感想を語ることを前提に、本の概要やポイントなど相手ににわかりやすく伝えるためにマインドマップやイラスト・数字やテキスト・画像などさまざまなツールを活用することができる

 

2.誰かにおしえる

 

何かを人に教えるには、相手に理解してもらえるように伝えるスキルが欠かせない。だれかに教える前提で本をよんでいくことで、本から学んだ内容をことばでやさしく言い換える習慣が身についてくる。表現することばの語彙(ボキャブラリー/バリエーション)が増える

 

3.ことばの名言集をよむ

 

メッセージおくることは、内言語を伝える作業である。その内言語の強化に役立つのが多くの名言集ことば触れること。ことばの「シャワー」浴びつづけることでことばの表現力が強化されていく

3

1.風景や映像とセットで楽しむ

 

本を風景映像セットで読む。好きな映画の作品の舞台となった場所や、世界遺産の場所など実際にその場所に訪れて読書をすれば、映像化し、右脳の発達の助けとなる。

 

2.絵本やマンガを読む

 

活字が苦手な人はマンガ絵本がグッド。アニメ画像や、絵本のキャラクターが文字情報の理解をフォローしてくれます。

 

3.本棚に本をかざる

 

読んだ過去の本を本棚にかざれば触れるたびに脳内でその内容が再生される。右脳が得意な人は、本の表紙を表にイメージ映像で再生するか。左脳が得意な人は縦置きで本のタイトルで再生するか。

4

1.スポーツ系のマンガをよもう

 

「みどりのマキバオー」や「スラムダンク」などスポーツ系マンガは映像や、画像が多く使われていることが多い。映像シーン展開ダイナミック変化するため脳内を大きく刺激する。そのほかにも、アクション系やバトル系などのマンガもグッド!

 

2.ゲームの攻略本が○

 

アプリのゲームなど、攻略本をよんでキャラクターをどう操るか??指先のシュミレーションをするだけで脳は刺激をうける。全身のシュミレートをしなくても刺激される。

 

3.読んだ内容を身体でアウトプットする

 

筋トレやゴルフの本などを読んで実際に筋トレやスウィングをしてみると、運動系脳が刺激される。同様に、目の情報から入る視覚や理解力も向上するので脳全体が成長する

5

1.小説でストーリーを想像する

 

本のストーリーの中でたくさんの人に出会い、登場人物の中から一人選ぶ。自分その登場人物だったらどうするのか?をシュミレーションする。「共感力」を養うことで右脳の発達の助けに。

 

2.ベストセラーをよむ

 

ベストセラーには、その時代背景や、それだけ多くの人から支持を受けているキーワードがあるはず。共通するテーマが多いほどコミュニケーションも活発になり、話題としてもとりあげやすい。

 

3.著者になりきる

 

自分の考えや思いは一度やめる。著者立場なりきる。著者が本の内容で本当に伝えたいことが明確になる

6

1.暗唱で内言語を強化する

 

 

暗唱するには、アタマの中で文章くり返す必要がある。そのため内言語を強化しやすい。短い文章や、短歌など自分がはじめやすい分野から取り組んでみる

 

2.音読・オーディオブック

 

音読・オーディオブックは、から入る情報で脳内にインプットされる。動かすことで運動脳+ことばでアウトプットすることで伝達力も強化される

 

3.先に著者のセミナーや講演を聞く

 

本を読む前に、著者のセミナーや講演などを聞いておくことで読んだ内容+著者が脳内再生される内言語が強化されるだけでなく、著者の予備知識などをえられることも・・・・ 動画You-Tubeなども活用する

7

1.キーワードを目次からさがす

 

目次からその本の内容のキーワードをさがす。キーワードから本の内容に対する感度が向上するので、理解度を高めることができる

 

2.自分の考えと著者の考えを比較する

 

著者自分かんがえ比較することで、「自身の理解度」を把握することができる。合致していれば自身につながるし、違っていれば原因を考えることで、ステップアップする機会を得ることができる。

  

3.理解できるところだけ読む

 

ほんの内容が自分には難しかったり、しっくりこない部分は飛ばしてよむ。まずは理解できる箇所から徹底的によみこもう。本の部分読みで徐々に範囲をひろげていく

8

1.本を読む目的を明確にして読む

 

『自分が知りたい情報か?』意識して読むことで本から得られる情報も質の高いインプットを得ることができる。本と主体的に向き合うことで短縮して本を読めるところがポイント。

 

2.本の余白に自分の考えを書き込む

 

著者対話をしながら読むことで自分の考えを整理できたり、深めることができる。余白やスペースがあれば、そのまま本に自分の考えや、気づいたことなどをかきとめるブルー色のペンは、とくに脳に記憶としてしみこむのでおススメ。

 

3.複数の本を同時によむ

 

内容が異なることを同時にこなすには、訓練が必要。その場で素早く考えて何が得策なのか判断する。そのためには複数の本を同時に読み進めることで、脳内が刺激される

 

 


-新刊順次-/追加予定